Wellsystem

大規模FPGA Development kit販売中!

 

 

WM001G(FPGA Development Borad)は、DDR3-SODIMMLVDS専用ポートを装備。DDR3LVDSはFPGAデバイスの最高スペックで検証されております。

高速ロジックにおけるプリント板設計の煩わしさを排除する事が出来ます。

 

65nmプロセスのFPGA(EP3SL200F1517C2)を実装し、最速のスピードグレードと内部ロジックも豊富に備えたデバイスを使用しております。

又、十分な電力を供給できる電源回路になっておりますので安心です。

 


ボードの特徴:

  • FPGA StratixⅢ (EP3SL200F1517C2)
  • LVDS Transmitter / Receiver 専用ポートを装備
  • External Memory DDR3 SO-DIMM(204pin)を装備 (PC3-8500)
  • 高速拡張コネクタ 3ポート装備 (HSMC Port準拠)
    • Port-A LVDS兼、汎用IO I/Fに対応
    • Port-B LVDS兼、汎用IO I/Fに対応
    • Port-C External Memory I/F兼、汎用IO I/Fに対応
      Port-A,B,Cは個々にI/O Standard(1.8V, 2.5V, 3.0V, 3.3V)を選択可能
  • Composite out (Analog Device ADV7174)
  • RS232C
  • Push Switch (2)
  • Piano Switch (12bit)
  • LED (10bit)
  • クロック
    • XTAL1: 50MHz (EPSON TYOCOM)
    • XTAL2: 27MHz (EPSON TYOCOM)
    • OSC Half Socketを用意 ※電源はI/O Standardによる。
  • 汎用pin Header (28bits)
  • デバイス・コンフィグレーション (EPCS128)


 

 


 

FPGA開発者は論理回路の開発に集中できます。高速拡張コネクタを3つ備え、等長配線、インピーダンス整合により品質の高いパターン設計を行っています。HSMC規格である様々なDaughter Boradと組み合わせる事で、ご希望の多種多様のアプリケーションへ本ボードは様変わりします。
NiosIIを含めた開発にも最適です。

 

量産設計へのスペック検討、コスト削減、納期短縮の活躍するボードと考えます。 こちらのFPGA Development Kitのご購入を検討下さいますようお願い致します。